AGAは男性型脱毛症とも言い、20代や30代と言った若い頃からでも発症する脱毛症です。

AGAは男性型脱毛症とも言い、20代や30代と言った若い頃からでも発症する脱毛症です。
その症状は額の生え際や頭頂部から軟毛化していくと言う特徴があります。
額の生え際から軟毛化するとM字型に、頭頂部から軟毛化するとO字型に、その両方から軟毛化するとU字型に進行していきます。
円形脱毛症のように急に脱毛するのではなく、少しずつ薄毛が広がっていきます。
このような症状が見られた場合はAGAを疑ったほうが良いです。
AGAは男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しています。
テストステロンは男性らしい体格づくりや性機能の維持などに役立っている男性ホルモンです。
しかし頭部の毛乳頭にある5αリダクターゼ2型と言う還元酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンと言う脱毛作用のある男性ホルモンの一種に変化します。
このジヒドロテストステロンにより軟毛化が進んでしまいます。
5αリダクターゼ2型は額の生え際や頭頂部にある毛乳頭に見られます。
ジヒドロテストステロンを受け取る受容体アンドロゲンレセプターの感受性には個人差があります。
この感受性は遺伝しやすいと言われており、感受性の高い遺伝を受け継いでいる人はAGAを発症しやすいです。
逆に感受性の低い遺伝を受け継いでいる人は発症しにくいです。
特に母方の祖父から受け継ぎやすいため、母方の祖父が若い頃から薄毛だったら将来AGA発症する可能性が高まります。
アンドロゲンレセプター遺伝子検査を受けると、将来のAGAリスクがある程度分かります。
AGA遺伝子検査キットを購入すれば病院に行かなくても調べる事が可能です。
薄毛が気になって調べた結果AGAでなかったとわかったら、薄毛に効果のあるコスパに優れた育毛剤を早々に購入されることをおすすめします。早めの行動が、早めの解決につながりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です